アプリリア RSV4 那須モータースポーツランド 車載動画

ドモ、藤井です♪

前回の続きで、社員研修で栃木県の那須モータースポーツランドにて行われた、タイヤ卸し会社で自店取引先の、グリップ商事さん主催の走行会に行ってきましたので、ブログアップです。

当日は台風7号の影響もなく、終日ドライコンディションで走れました。

P1040302.jpg



P1040263.jpg




P1040264.jpg

パドックには、「ミシュラン」、「ピレリ」、「メッツラー」、「ダンロップ」、「ブリジストン」のタイヤメーカーブースが横一列にズラリ!

各社、自慢のタイヤを装着した試乗車を用意していますので、商品説明を聞いて、実際に乗って確認できます。




P1040265.jpg

コチラは、ディスクローターの「サンスター」、チェーンの「アールケー」、オイルの「エルフ」のブースです(全て、藤井RSV4で、お世話になっておりますm(_ _)m

ココで色々なメーカーさんと、お話しをして、体験して得たものを、更に検証して、お客さんにフィードバックしていきたいと思います。
(まだ発売前の某メーカーの新作タイヤの事なんかも聞いて来ました♪)


そんな、社員研修ですが、サーキット走行をするのなら、ついでにと、

藤井はアプリリアRSV4を、当店代表の秋元はモトグッチV7を持ち込み、

それぞれ、新たな部品のテストをサーキットで試してきました!

藤井のRSV4では、フロントブレーキのマスターシリンダ仕様変更の検証。

秋元のV7では、ブレーキパッド、リアサスペンション、簡易サブコンのラピッドバイクイージー。
せっかくだから、油圧クラッチも!

では、どのくらい真面目にテストしているのか、藤井RSV4の車載動画をご覧下さい♪





めいっぱい楽しんで仕事してます♪

これからも、色々な車両や部品をテストしていきますので、アプリリア、モトグッチなら、車両の購入、メンテナンス、カスタムなど、モトイタリアーナ東京足立・デージーカンパニーまでドウゾ♪

アプリリア RSV4、モトグッチ V7 サーキットで部品テストです。

ドモ、メカ藤井です。

先日の5月20日は、社員研修でお店をお休みさせて頂き、お客様には、ご不便をおかけしたかと思いますm(_ _)m

今回は、社員研修のお話し♪

当店ブログの過去の記事で、皆様に色々な車両や、それに纏わる部品の記事を掲載してきました。

「自店で取り扱う車両や部品の事は、お客様にきちんと説明できなければ、お勧めしない」

これは、当店のポリシーでもあります。

巷には、数多の車両・パーツメーカーが存在しますが・・・

その多くのメーカーが、「ウチの商品は良いから是非、おたくのお店で、たくさん売って下さい!」

と、言ってきますが、車両・部品、共に、当然使用するオーナーが存在する物になります。

オーナーの方も十人十色、千差万別(使い方合ってる?)ですので、どんなに良い商品でも、オーナーの好みに合わなければ、残念な事になってしまいますよね。

ですので、自店取扱い車両のニューモデルが発売されれば、出来る限り試乗して確認します。

部品に関しても、実際に車両に装着して、街乗りから、時にはサーキット走行などをして、しつこい位に使かって商品特性を理解して、ご説明出来る様に心掛けております。

P1040262.jpg


今回、サーキットで何を試していたのか、追ってブログに掲載しますので、ご期待ください♪

アプリリア RSV4 筑波サーキット 車載動画


ドモ、メカ藤井です!

大変遅くなりましたが、先日のMCFAJ・MAX10レース開幕戦、筑波サーキットの動画をアップしました。

今回は、新たなRSV4のお客様がMAX15クラスに、参戦してくださいまして、見事クラス優勝!

そして、去年から参戦したS様は、MAX4クラスで着順1位!(基準タイム切ってしまい章典外)

藤井は、スーパーMAXクラスで、初優勝!(皆様、応援ありがとうございました!)

でもって、車載動画の方は・・・ゴメンナサイ、予選で撮った動画を確認するためにカメラのメモリカードを抜いて
きちんと動画が撮れている事を確認後、メモリカードを逆さにカメラに入れてしまった為、決勝の動画は撮れませんでした(泣) ホントにスンマセン・・・

しかし!

S様のRSV4が撮っていた車載動画がありましたので、いつもと違う、藤井を後ろから撮影する画を藤井が実況するカタチでお送りいたしますので、ソチラをご覧ください。





テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

CR-1 カーボンパーツコーティング

ドモ、メカ藤井です。

今回は、日焼けして色あせたカーボンパーツを新品のように蘇らせるコーティング剤のお話です。

さっそくですが、皆様は、長年使用して劣化したカーボンパーツのお手入れを、どうしてます?
自分のアプリリアRSV4は、カーボンサイレンサーにアーマー○ールなどの艶出し剤を使っていました。
色々な商品を試しましたが、

「雨で艶出し剤が流れ落ちる」、「排気ガスの熱で艶出し剤が飛んでしまう」

という事で、走行前に手入れをして艶々にしても、ツーリングして帰ってくると、つや消しに・・・
仕方がないと諦めて、マメに手入れを続けてましたが。

正直、仕事でお客様のバイクを触っていると、仕事でない自分のバイクは、なるべくズボラしていたいものですww

今まで数々の艶出し剤を試してみて、納得のいく物にめぐり合えなかったのですが、ようやく見つけました!

バイク専用のガラスコーティングで、本物のガラスコーティングとして有名な「CR-1」が、劣化したカーボンのために開発。

それが、「CR-1UV」です!

カーボンパーツコーティング説明 ←料金などの説明は、コチラをクリック!



それでは、藤井のRSV4の劣化したカーボンサイレンサーで検証してみましょう!


P1030924.jpg


紫外線や熱により、いい塩梅に劣化したサイレンサー



P1030925.jpg


2本の黒いラインはサイレンサーバンドの跡です。劣化している所との差がスゴイ!




P1030927.jpg


CR-1UVを施工していきます。



P1030936.jpg


施工完了!艶々になりました♪




↓施工前
P1030925.jpg



↓施工後
P1030932.jpg


白くボケていたサイレンサーに、艶と黒色が復活しました!


しかし、今まで試した艶出し剤でもココまではいくのです!
大事なのは、この艶が長持ちするかどうかです。

そこで、施工完了後にも検証を続けました。

長時間、雨天に晒して見ましたが、コーティングが落ちることは無く(強い水流の水道ホースで水をかけても大丈夫)、

サーキットでレースに使用して高温になっても、コーティングは落ちませんでした!

さすが、本物のガラスコーティング!

皆様に自信を持ってお勧めできます♪

劣化したカーボンパーツの艶を復活させる「CR-1UV」の施工は、モトイタリアーナ東京足立・デージーカンパニーまで!

aprilia RSV4 歴代モデル解説

03_rsv4_rf_superpole_latdx_web[1]


ドモ、アプリリア RSV4オタクのメカ藤井です。

昨年のEICMAショーで、お披露目された aprilia RSV4RF(仮)、日本での発売が待ち遠しいです!

ソコで、EICMAショーのRSV4RFの前に、もう一度2009年モデルからおさらいしてみましょうかと思い、ブログを書かせてもらいました。


2009年にデビューしてから、カラーリング以外、全然変わらない様に思われる方が多いですが・・・

実際には、2009年モデルから2014年モデルまでも、見た目が一緒なだけで、中身は多岐に渡り変更されています。


ココでは、簡単に各年式(ファクトリーのみ)の変更点をまとめてみましたので、RSV4オタクによる、マニアックな内容ですが、つづきをご覧ください。

続きを読む

ライダースクラブ「東京ハイスピード」RSV4取材協力させて頂きました。2015・冬

梅の花がほころび、桜の開花だよりが聞こえて来る頃になりましたね。秋元です。

昨年に続いて、バイク総合誌「RIDERS CLUB」にて連載中の、aprilia RSV4を題材にした宮城光選手執筆「東京ハイスピード」取材のお手伝いをさせて頂きました。


今回の記事は、3ヶ月連続企画!
【フロントブレーキ編】

sP1080726.jpg

第1話、2月号
2013年モデルより、ルックスも進化した新型のブレーキキャリパーで、【カッコ良く】したい!  
はたして、その結末やいかに?



sP1080745.jpg

第2話、3月号
宮城選手が、物凄く真面目に検証しています。
これからブレーキ廻りをイジリたいアプリリアRSV4オーナーさんは、是非とも参考にして下さい。

続きはこちらをクリックしてね!
     ↓


続きを読む

aprilia RSV4 2015 SBK スーパーバイク世界選手権 第1戦フィリップアイランド


s3_ApriliaRacing_Haslam[1]



2015年2月22日、SBK スーパーバイク世界選手権の第1戦がオーストラリアのフィリップアイランドで開催されました。

2014年は、スーパーバイク機とEVO機の移行期間で各メーカー、両機が混走していましたが、2015年からは全車EVO機によるレースになります。

正直、アプリリアのワークスチームがMOTO・GPに引越し、SBKはチームもライダーも新設になったので、改造範囲がスーパーバイク機よりも狭いEVO機のRSV4では、今期のSBKでは勝てないんじゃないかと思っていましたが・・・



phillip_island-wsbk2015-apriliacom[1]



ゼッケン91番のL・ハスラム選手のライディングにより

レース1を2位、つづくレース2を1位で終えました!






207_T04_Torres_action[1]



今期からSBKに参戦する、ルーキーのゼッケン81番、J・トーレス選手はレース1では4位、レース2ではカワサキのT・サイクス選手とバトルの末、第1コーナーで転倒リタイアとなりました。



006_T04_Aprilia_bike[1]



2015年からのレギュレーション改正で、より市販車のストック状態に近いマシンでレースする事になったRSV4ですが、市販車の基本性能の高さが実証されたかたちになりました。

今期もSBKから目が離せません!

テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

アプリリア RSV4 カスタムパーツテスト中

ドモ、モト・イタリアーナ東京足立、デージーカンパニー、メカの藤井です♪

先日、とあるスタジオで、プロカメラマンに愛車のアプリリア RSV4を撮影してもらっちゃいました(*^_^*)

流石!プロに撮影してもらうと、綺麗です♪(カメラマン曰く、黒色はカメラマン泣かせ?みたいです)

ONU_0632[1]



実車は、長年酷使しているので細かいキズも多々あるのですが、多数の照明と高価なレンズ。

それらを使いこなすカメラマンの技術で、新車みたいにピカピカです!

う~ん・・・RSV4かっこいい~♪

ONU_0663[2]



スタジオの外で、RSV1000Rと並んで一枚(^_^)/

う~ん・・・やっぱりRSV4かっこいい~♪

ONU_0689のコピー[1]



一番気に入ってるのが、この一枚!

RSV4がデビューする前の、2008年にアプリリアが作ったイメージ画像に似た構図なんですけど・・・

覚えてる人いるかな?

ONU_0589[1]



さて、ココからが本題の、パーツのお話!

雑誌ライダースクラブでお馴染み、元ホンダワークスライダーの宮城光選手にテスト&監修?してもらい、
開発中の部品の紹介。

↓リアサスのリンクプレートとトルクロッドです。

P1030832.jpg



↓コチラが、ノーマルのリンクプレート&ロッド。

ノーマルは、大量生産ゆえ、コストを抑えるためにアルミをプレス打ち抜きで製作しています。
装着、走行に問題ないレベルですが、成型時に微少な歪みが発生してしまいます。

P1030835.jpg




でもって、開発中のリンクプレート&ロッド。

アルミを高精度で削り出して製作することで、歪みもなく、プレートの厚みも変更して、剛性もあがってます。
更に、雨水に晒される部分なので、対腐食性をあげるためアルマイト処理(アルマイト色はいろいろ選べます)。
トルクロッドには、補強のリブを入れて剛性をあげてます。
高精度、高剛性により、正確なサスペンションの作動を得られるようになります。

P1030838.jpg






これから自分のRSV4に装着して実走テストしますので、完成まで暫くお待ちください。

P1030843.jpg




テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

アプリリア RSV4でレースしてきました。

ドモ、メカ藤井です。

2014年12月7日に、ツクバサーキットで行われた、MCFAJ・MAX10レースに、お客様と出場してきました♪

年末の忙しさで動画編集などが、手付かずで、だいぶ時間が経ちましてゴメンナサイm(_ _)m

ツクバサーキットの走行は、8月のレースの時以来なので4ヶ月ぶり、前回は、気温30℃の灼熱耐久でした。

今回は、極寒のスプリントレース!

いつもどおり、練習なしの、ぶっつけ本番!・・・どうなることやら・・・


予選前のひとコマ、21番が自分のRSV4です。(寒いので、タイヤウォーマーの上でグローブ温めてますww)

20141207 篠さん筑波レース40D009[1]
(写真提供S様ご友人)


前回のレースと同様に、今回もRSV4に車載カメラを装着しましたので、予選、決勝をご覧ください。

動画をご覧の方は、つづきをドゾ♪


続きを読む

アプリリア RSV4 筑波サーキットでレースして来ました。

ドモ、メカ藤井です。

だいぶ時間が経ちましたが・・・8月31日に開催されたMCFAJ・MAX10グループ主催のレースに
RSV4で参戦してきましたので、そのレポートをお届けさせて頂きます♪

P1030373.jpg

今回は、通常のスプリントレースではなく、1.5時間(90分)の耐久レースです。
なので、お客さん達と、みんなで楽しくワイワイ耐久レースごっこを堪能しました。

その模様を今回は、動画でお届け!(動画初編集なので、見づらいところはご容赦ください)

先ずは、予選の動画から!





決勝レースのスタートです。





決勝その2です。





楽しんで頂けたでしょうか?

次回は12月に最終戦のスプリントレースがありますので、応援お願いします!

s2014y10m10d_222915413.jpg

テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

aprilia RSV4ABSモデル用の社外バックステップの紹介

ドモ、藤井です。

アプリリア RSV4シリーズは、2013年モデルからABS(アンチロックブレーキシステム)が装備されました。
RSV4のABSユニットはボッシュ社の9MPユニットを使用した事により、路面状況やライダーの好みでABSの介入レベルを3段階で切り替えることが可能です。

そんな、高性能ABSが装着された2013~のRSV4ですが、ひとつ難点がありました。

ABSモデル対応のバックステップが無かったんです(泣)

「2012年モデル用の物は装着出来ないの?」

何故、無かったのか理由は、下の写真をご覧ください。

先ず、コチラは2009~2012年までのABS無しの写真(アプリリア純正アクセサリのバックステップ装着車両)。
P1030183_20140705115509998.jpg



ポジション変更はステッププレートを移動させる事になるので、マスターシリンダ位置も共に変わります。
P1030184.jpg



そして、コチラが2013~のABS有りの写真。
P1030181.jpg

矢印で示したブレーキホースの取り回しが違うのが解ります。
ABS有りでは、赤矢印のマスターシリンダからABSユニットに向かうブレーキホースにバックステップを取り付ける為の長さの余裕がなく、マスターシリンダの位置変更を要する仕組みのバックステップでは、取り付けが困難でした。
過去にアプリリア純正バックステップを、RSV4ABSモデルに装着した事がありますが、上記の理由によりポジションに制約がありました。
(ステップを後ろに変更出来ません。どうしても後ろにしたい場合は、ブレーキホースを作り直す必要があります。)



そこで今回紹介するのが、ベビーフェイス製2013~RSV4 ABS用バックステップです♪
P1030178.jpg



ポジション変更は、マスターシリンダ位置を変える事なくステップバーの位置を5ポジションから選んで変更できます。
P1030190.jpg



チェンジペダル側(写真は正チェンジ用、逆チェンジ用も設定あります)。
P1030196.jpg


1枚プレートタイプでスッキリした感じが良いですね♪
2011~2012年までのRSV4APRCモデルにも装着可能です。

ベビーフェイス RSV4APRC+ABSバックステップ 税抜き価格¥56,500-

ご注文はモトイタリアーナ東京足立、DGカンパニーの藤井まで(^o^)/

ブログaprilia

テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

ライダースクラブ「東京ハイスピード」RSV4取材協力させて頂きました。

バイク総合誌「RIDERS CLUB」8月号の取材のお手伝い風景をお届けします。

sP1080016.jpg


ネズミ色のハイエースで、宮城 光選手ご来店。
aplilia RSV4を題材にした「東京ハイスピード」取材風景のハジマリ、ハジマリ~ ♪

sP1070832.jpg


今回のテーマは 「見えない場所までゴージャスに!」 

sP1080018.jpg

装着パーツをカラー写真でお見せしたいので、是非とも続きも読んで下さいね。

続きを読む

テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

aprilia RSV4 で、ツインリンクもてぎのライパ(走行会)に参加します。

ドモ、藤井です。

7月21日の「海の日」に、お馴染みのバイク雑誌、ライダースクラブ誌主催の走行会、

ライディングパーティー(通称ライパ)

に参加しに、愛車のアプリリア RSV4ファクトリーを持ってツインリンクもてぎサーキットに行ってきます!

過去に、筑波サーキット開催のライパに参加させて貰った事がありますが、ライパは、「速いがエライじゃない」のコンセプトで行っており、コースの走り方や、公道走行との違い等を、ライダースクラブの誌面でお馴染みのインストラクター(宮城さんとか)が解りやすく説明してくれるので、サーキット走行初心者の方でも安心して楽しく参加できる走行会です♪

ライパ←主催者ホームページです。

P1030149.jpg


さて、今までに自分が走ったことのある大きなサーキットは、筑波サーキットと富士スピードウェイ位でして、
ツインリンクもてぎは、motoGPを観戦しに行っただけで、走ったことは無いので、今からとても楽しみです♪

アプリリア RSV4にお乗りで、もてぎサーキットを走られている当店のお客様から、「○×コーナーの進入で~・・・」
とか、「スプロケットの丁数は?」など、質問を頂戴するのですが、筑波や富士であれば、それなりにお答えできますが・・・
もてぎは、走ったことがないので、的確な返答が出来なくてヤキモキしていました。

なので・・・


データー収集の為に、車載カメラ!P1030152.jpg



そして、GPSデーターロガー!P1030153.jpg


これらをRSV4に装着して、走らせて得た物を、お客様にフィードバックしていきたいと思います!
(Sさん、Tさん、その他の方々、待っててね♪)


7月12日追記

21日のライパもてぎに、PGJブース出展します。
当日は、アプリリアとモトグッチの試乗車をご用意しますので、参加者は気になるモデルをサーキットで存分に走らせて確認できちゃいます♪
moto_raipa20140721testride01.jpg

試乗車はアプリリアが、RSV4ファクトリーABS TUNOV4R モトグッチが、V7レーサー の3台!
(出展、試乗は、天候や諸事情などにより中止、変更になる場合がありますので、ご了承ください。)

テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

アプリリア RSV4でレースして来ました。

ドモ、メカ藤井です。

先日、アプリリア RSV4にお乗りのお客さん達と、MCFAJ主催の「MAX10レース・筑波」に参戦して来ました!

MCFAJ←主催者ホームページです。
MAX10グループ←自分達の出場したMAX10レースのホームページ。


↓予選前のひとコマ。
一番右の藤井のRSV4は、レースに出場するのに必要な部品が、1つ足りません。さて、何が足りないでしょうか???
20140420 しのさん筑波レース40D002[1]
(写真提供:Sさんの友人様&Yさん)

昨年、「MAX7クラス」に出場した、ゼッケン19番のKさんは、今回からクラスを1つ上げて「MAX4クラス」にエントリーです。
ゼッケン21番の藤井は、昨年に続き「スーパーMAXクラス」です。
そして、今年は新たに、ゼッケン4番のSさんが初レースとして「MAX7クラス」でエントリーしてくれました♪

はたして、各自のレース結果は如何に・・・?
そして、藤井RSV4は、何が足りないのか?


つづきをドゾ!

続きを読む

テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

「アプリリア・RSV4シリーズ」2014年カラーの予約受付を始めました。

アプリリアのフラッグシップモデル「RSV4シリーズ」の、NEWカラーの予約受付を開始しました。
初回入荷台数は少量の為、お早目のご予約をお勧めします。


コチラが「RSV4Factory APRC ABS」 アブソリュートブラック
(ブラックペイント部は艶消し仕上げとなります)
2014y05m01d_211431461.jpg



続きましては、「RSV4R APRC ABS」 フォーミュラーレッド
2014y05m01d_211519665.jpg


今年のモーターサイクルショーに展示されて好評だった「イタリアンレッド」が、やっと発売されます。

下の写真は、モーターサイクルショーに参考展示されていた車両。
タンデムシートカバーがブラックですが、「参考展示車」とお受け止め下さいませ。
sP1070242.jpg



こちらは、イタリア仕様の車両。
タンデムシートカバーがレッドの様な気がします。
s0120RSV420R20ABS.jpg

2014年モデルの基本スペックは、2013年モデルから変更は御座いませんが、細部の仕上げ等は写真と異なる場合が、稀にございます。
それも「輸入車独特の楽しみ」と、思って受け入れて頂ける「大らかな気持ち」で、お待ち頂けるお客様にお勧め!!

本日の時点では、2014年継続販売の「RSV4R APRC ABS」マットブラックの実車も展示しております。
よろしかったら、アプリリアの専売店「モトイタリアーナ東京足立」のDGカンパニーまで、お越しください。
tsuhantopblog.jpg

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

カテゴリー
HPに戻る
最近の記事
ツイッター
QRコード
RSSフィード
ブログ内検索