アプリリア RSV4ファクトリーのエンジン搭載位置変更

ドモ、デージーカンパニーのメカ藤井です。

旧年は、お世話になりました。
本年もよろしくお願い致します。

さて、新年一発目の記事は、昨年末に書いた、2016年モデルRSV4RFの記事でも触れた「エンジン搭載位置の変更」の変更方法ついて記事を書いてみたいと思います。

アプリリアRSV4ファクトリーは、任意での重心位置の変更を行える様にエンジン搭載位置を低・中・高と三段階を5mm間隔で変更できます。

変更方法は、MOTO GPの解説でお馴染みの宮城光さんの車両を用いてご説明します。


先ずは、マフラーとEXパイプを外します。(これが一番手間な作業です)

IMG_0361.jpg



次に、エンジン搭載位置変更用のエンジンマウントカラーセットを用意します。
(四角いカラーに開けられているボルト穴が左右で位置が違うのが解ると思います)

IMG_0372.jpg




車体のエンジンマウントボルトを外し、エンジンを下にずらして、全てのカラーを交換します。

IMG_0365.jpg




IMG_0363.jpg


カラーを全て変更したら、あとは逆の手順で組み上げて完成です。

ね?(EXパイプの脱着は・・・)簡単でしょ?

これで、重心位置が変わりハンドリングが激変しますので、サーキット走行をされる方で、ご興味のある方はデージーカンパニーの藤井までお問い合わせください。





関連記事
カテゴリー
HPに戻る
最近の記事
ツイッター
QRコード
RSSフィード
ブログ内検索