スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトグッチ V7 を油圧クラッチ化でクラッチ操作力軽減!

ドモ、メカ藤井です♪

今回は、モトグッチV7シリーズにお乗りの方で、クラッチの重さを軽減したい方に向けて朗報です。
(V7シリーズの2008年~2014年モデルに対応)
 
皆様、ゴールデンウィークは愛車のmoto guzzi V7でツーリング等、お出かけしたと思いますが、大型連休中の道路はアチコチで大渋滞が発生して、クラッチレバーを握る左手がお疲れになった方も多い事だと思います。

「もっとクラッチ操作力を軽減したい」、 「左手の負担を和らげたい」

そんな、お客様の声を聞いて、何か良い解決策はないものかと、考え・・・

「そういえば、エンデューロレースのオフ車用で、ワイヤー式クラッチを油圧式に変えるキットがあったなぁ・・」

「V7も、ワイヤー式を油圧式に変更したら操作力が軽くなるのでは?」

と、思いついたら早速実行!

しかし、当然V7用の油圧クラッチキットなんて存在しませんので、現車合わせです。


数種類のサイズ違いの油圧シリンダ等を用意して、試行錯誤の末やっと納得のいく物が出来ましたのでご紹介!

P1040242.jpg

用意するのは、「マスターシリンダ」、「レリーズシリンダ」、「クラッチホース」。
それと、画像にはないですが、現車合わせ用の細かい加工部品が数点必要です。




P1040245.jpg

ノーマルのクラッチレバーを外して・・・





P1040055_20150513131536c68.jpg

クラッチワイヤーを外して・・・





P1040241.jpg

クラッチマスターシリンダー付けて・・・

クラッチレバーの位置は、4段階に調整出来る機能も付いてます♪♪
(オーナーさんの手のサイズと、好みに合わせて調整して下さい)
 

クラッチスイッチの配線を作り直して・・・




P1040098.jpg
(写真のパーツは試作品の為、赤やゴールドのアルマイト仕上げパーツを使用していますが、車体色に合わせて色変えを予定しています)

レリーズシリンダー付けて、ロッドやタイコを加工して・・・、プッシュロッドのクリアランス調整して・・・、
あれや、これや・・・、

クラッチホースを上手く取り回して・・・、フルード入れて・・・、エア抜きして・・・、




P1040248.jpg

完成です!

クラッチ操作力はワイヤー式と比較して、およそ2割位、軽くなりました

更に、油圧化したメリットとして、ワイヤー式よりも半クラッチ領域の微細な操作性も向上しました!

コレなら、握力の少ない方でも、ロングツーリングの疲労を抑えられると思います♪

先日も、ご来店頂いたV7にお乗りのお客様にクラッチ操作してもらったトコロ・・・

「・・・軽っ!!」、「なにコレッ!?」

と、好評でした♪



V7のクラッチ操作力を軽くしたいとお考えの方は、油圧式に変更して、より快適にツーリングしてみませんか?
ご用命は、モト・イタリアーナ東京足立、デージーカンパニーまで♪

※V7の油圧クラッチ化は、車両をお預かりして、現車合わせで加工等を伴いますので、部品の単品販売はしておりません。部品単品販売のお問い合わせはご遠慮くださいませm(_ _)m

関連記事

テーマ : モトグッチ・Moto Guzzi
ジャンル : 車・バイク

カテゴリー
HPに戻る
最近の記事
ツイッター
QRコード
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。