CR-1 カーボンパーツコーティング

ドモ、メカ藤井です。

今回は、日焼けして色あせたカーボンパーツを新品のように蘇らせるコーティング剤のお話です。

さっそくですが、皆様は、長年使用して劣化したカーボンパーツのお手入れを、どうしてます?
自分のアプリリアRSV4は、カーボンサイレンサーにアーマー○ールなどの艶出し剤を使っていました。
色々な商品を試しましたが、

「雨で艶出し剤が流れ落ちる」、「排気ガスの熱で艶出し剤が飛んでしまう」

という事で、走行前に手入れをして艶々にしても、ツーリングして帰ってくると、つや消しに・・・
仕方がないと諦めて、マメに手入れを続けてましたが。

正直、仕事でお客様のバイクを触っていると、仕事でない自分のバイクは、なるべくズボラしていたいものですww

今まで数々の艶出し剤を試してみて、納得のいく物にめぐり合えなかったのですが、ようやく見つけました!

バイク専用のガラスコーティングで、本物のガラスコーティングとして有名な「CR-1」が、劣化したカーボンのために開発。

それが、「CR-1UV」です!

カーボンパーツコーティング説明 ←料金などの説明は、コチラをクリック!



それでは、藤井のRSV4の劣化したカーボンサイレンサーで検証してみましょう!


P1030924.jpg


紫外線や熱により、いい塩梅に劣化したサイレンサー



P1030925.jpg


2本の黒いラインはサイレンサーバンドの跡です。劣化している所との差がスゴイ!




P1030927.jpg


CR-1UVを施工していきます。



P1030936.jpg


施工完了!艶々になりました♪




↓施工前
P1030925.jpg



↓施工後
P1030932.jpg


白くボケていたサイレンサーに、艶と黒色が復活しました!


しかし、今まで試した艶出し剤でもココまではいくのです!
大事なのは、この艶が長持ちするかどうかです。

そこで、施工完了後にも検証を続けました。

長時間、雨天に晒して見ましたが、コーティングが落ちることは無く(強い水流の水道ホースで水をかけても大丈夫)、

サーキットでレースに使用して高温になっても、コーティングは落ちませんでした!

さすが、本物のガラスコーティング!

皆様に自信を持ってお勧めできます♪

劣化したカーボンパーツの艶を復活させる「CR-1UV」の施工は、モトイタリアーナ東京足立・デージーカンパニーまで!

関連記事
カテゴリー
HPに戻る
最近の記事
ツイッター
QRコード
RSSフィード
ブログ内検索