キムコスクーター「K-XCT125i」のご紹介。

KYMCOスクーターK-XCT125iを、ご紹介しちゃいます。

125ccでは、最高レベルのパワー(約15馬力)を発揮する、水冷4バルブエンジンを搭載!
大柄に見えるボディですが、ホイールベースは1,450mmと短めの設定。
sIMGP1041_20140614221349148.jpg

kymcok-xct125iの説明、続きを読んでね!
       ↓

フロントカウル廻りは、立体的な創り込みで高級感があります。
カウル一体型のフロントウインカーは、ブルーレンズを採用。
ssIMGP0833_20140614221509a9f.jpg


メーターパネルは、見やすいハイコントラスト液晶タイプ。
フロントスクリーンも独特の形状!
アメリカ映画「バットマン」のシルエットみたいな感じ。ブラックだったらバットモービル?
相方の「ロビン」が乗ったら似合いそうかな?
sIMGP1051.jpg



ヘッドライトまわりを上から見たところ。
sIMGP0808.jpg



鋭い眼光を放つヘッドライトは片側をLOWビーム、もう片側をHIビームとした1灯式。
ポジションランプは、最近の「ア○ディ」みたいな光り方。
sP1070845.jpg


ハザードランプを装備(ぼやけてますが…)。
sIMGP1056.jpg


ブレーキレバーは、好みに合わせてレバー位置を調整出来る、親切機能付き。
sIMGP0841.jpg


フロントフォークは、37mm正立式を採用。
ブレーキディスクは前後ウェーブタイプを装備、ブレーキキャリパーは前後片押し2ポットタイプ。効き味も良好です。
sIMGP1066.jpg

sIMGP1065.jpg


ハンドル左の小物入れの奥に、シガーライターソケット(12V電源取り出し口)付き。
sIMGP0813.jpg


足元のガソリン給油口は、内蓋にキー付き。
sIMGP0812.jpg



シートは足つき性を考慮して、前が細く絞り込まれた形状。
sIMGP0850.jpg


シートは開閉時に優しい動きをするダンパーが2個装備されています。
sIMGP1053.jpg


シートロックを解除すると、ダンパー内のガス圧で、シートが「シュ~」と言った感じに開いてくれます。
sIMGP1052.jpg


シート下の収納スペースは40.7リットル。 KYMCOスクーターの中では、横幅が少し広い気がします。
sP1070847.jpg


↓アライのジェットタイプヘルメットLLサイズを入れた所。
シート下収納スペース用に、センサー式の照明も装備されています。
(タイマー式でシートを開けっ放しにしても、ある程度時間が経過すると消灯する、賢い機能付き)
sP1070848.jpg


アルミ製タンデムステップバーには、滑り止めのラバー付き。
sIMGP1054.jpg



後ろに乗車した人用のタンデムグリップバーも、左右別体の今風にシャレたデザイン。
テールランプにLEDを採用した、コンパクトなデザインのリアコンビネーションランプ。
sIMGP1048.jpg


車体のバンク角は40度!スポーティな走行に期待?
サイドスタンドは、戻さないとエンジンの始動が出来ない安全スイッチ付き。
sIMGP1055.jpg



車体色は「マットホワイト」、「マットブラック」の2色を設定。
sIMGP0838.jpg

キムコK-XCT125i 車両本体メーカー希望小売価格は¥452,520-(税込)
本日の時点での説明になります。いきなり詳細が変更になる場合がございますので、ご参考にしておいて下さいませ。

関連記事

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

カテゴリー
HPに戻る
最近の記事
ツイッター
QRコード
RSSフィード
ブログ内検索