moto guzzi V7のハンドルを交換してみました。

春のツーリングに備えてライディングポジションを、もう少し私(秋元)の好みにアレンジしてみました。

たぶん、一般の人より座高が高い(胴長)体型をしているせいもあると思います (笑)

モトグッツィV7シリーズは、イタリアンバイク特有の低めのハンドルバー。
街乗りでは気にならないのですが、ツーリングに行くと少しだけグリップ位置を手前にしてチョコっと高くしたい!
そんな楽ちんなポジションを求めて、ハンドルバーを交換!!


写真左のV7Stoneはノーマルハンドル装着、右V7Specialはハンドル交換車。
黙っていたら気づかないほどの小変更(相変わらず地味な事やってます)(;O;)
 
sP1070110加工済

写真上が、ノーマルハンドル。
写真下が、今回装着したハンドル(ノーマルハンドルよりも、若干グリップ位置が絞られているタイプ)。

sP1070101.jpg


くっ付けて並べてみました。

sP1070102.jpg


こちら、ノーマルハンドルを上から見た所。

sP1070109.jpg


こちらが、交換したハンドル。

sP1070106.jpg


何㎝高くて、何㎝手前で、絞り角度が・・・と説明するよりも、
跨って頂くと、どんな感じか違いが分かりやすいと思います。

sP1070111.jpg

こちらのパーツ交換のご依頼は、モトグッツィの専売店「モトイタリアーナ東京足立」のDGカンパニーにご相談下さい。



tsuhantopblog.jpg


関連記事

テーマ : モトグッチ・Moto Guzzi
ジャンル : 車・バイク

カテゴリー
HPに戻る
最近の記事
ツイッター
QRコード
RSSフィード
ブログ内検索