RSV4でハラハラドキドキのレース参戦

お久しぶりです。メカの藤井です。

愛車の「RSV4」でレースしてきましたので、拙いですが参戦記を書いてみました。

4月14日に、筑波サーキットで行われた「Max10レース」に参戦してきました。
以前にも書きましたが、このレースは、参加資格に「参加車両は外車に限る」ってなんとも変わったレースで、クラス分けは、自己申告によるタイム別に細かくクラス分けされていますので、上級者~初級者、最新モデル~旧型モデル、ハイパワー車~アンダーパワー車、アプリリア、ドカティ、BMW、モトグッチ、KTM、トライアンフ、ビモータ、MVアグスタなどと多種多様な参加者が、それぞれのクラスで楽しくレースをしてくださいという、コンセプトは「大人のレースごっこ」を掲げている面白いイベントレースです。


Max10group


P1010461.jpg



宜しければつづきをご覧ください



普段のMAX10レースでは、当店のお客さんも数台参戦するのですが
今回のレースは、「休みが取れない」、「バイクの準備が出来てない」、「ケガの為お休み」

なので、自分ひとりだけの参戦でした。
しかしながら、観戦&応援&お手伝いに来ていただいたお客さんがとても多く、いつもより気合が入ります!


予選、エンジン始動直後の発進でミスして、aPRC(トラクションコントロールシステムです)がオフの状態で
コースイン、トラコンとウィリーコントロールなしで予選を走らせました。

コーナーの立ち上がりで、フロントが浮きすぎるとアクセルを開けられないので、慎重にアクセルを開けますが
やはり、立ち上がりでフロントが浮きあがります(泣)

お客さん達は自分が意図的にウィリーさせて遊んでると思った様ですが、そんな余裕あるわけがない!
終始慌てふためいてましたww

予選終了、自分のタイムは1分2秒8で

順位はナント総合2位!


喜んでくれてる笑顔のお客さん達&決勝のプレッシャーで引きつり笑いの自分。

ヤバイ!・・お腹痛くなってきた・・もう帰って良いですか(泣)

決勝に向けて、お客さんからアドバイスを頂きます。

「とにかく、1位のバイクの後ろに付いて走りましょう」

なんで後ろに付くかって?
それは、1位のバイクとタイム差が1秒以上開いてるのと、自分が筑波サーキットを走るのは1年に1~2回レースの時だけで、いつも予選でコースを思い出しながら走ってるので、前に誰か走ってないとブレーキポイントやコースのライン取りが判らなくて、走り方がメチャクチャになってしまうため(泣)


BHxba8CCcAAkdrx[1]



さあ、決勝です。

RSV4を2番グリッドに並べます。
当たり前ですが、前には他のバイクが見えません。緊張度合いもMAXですww
選手紹介が終わり、各車エンジン始動してサイティングラップを2周します。
今度はミスせずに、aPRCもきちんとONにして走りました。
サイティングラップを終えて2番グリッドに戻り、ギアを1速に
レッドシグナルが点灯・・・・スタート!

予選1位のバイクが好スタートを切ります。その後ろに食らいt・・・( ゚д゚)ハイ?

1位のバイクのフロントが、ピョコピョコ浮いてアクセル開けられていないのを横目に、aPRCのウィリーコントロールを効かせながらアクセル全開で加速するRSV4は、アッサリと1コーナーまでに1位に出ちゃいました。

「前にバイクが走ってないよ?」←当たり前だろww
何が何だかもうパニックです!

お客さん達も「あ~ぁ、トップになちゃった・・なにやってんだよ」なんて思われてたそうです。

「いや、次の第1ヘアピンで抜かれるから、そこから後ろに付こう・・」って、抜かれなかった!
「じゃ、ダンロップブリッジ進入で・・・まだ抜いてくれない・・ならばこのまま1位をキープしてやる~」

第2ヘアピンへ向けて、全開加速からのフルブレーキ!!!!!!

「しょ、少佐、助けてください、げ、減速できません。シャア少佐~!」

完全にブレーキングポイントを誤り、真っ直ぐ第2ヘアピンの外へ、グラベルの深い土に足元をすくわれます。

フロントタイヤが大きく流れ、「もうダメだ、転びたくねぇ~!ハッ?・・」

「逆に考えるんだ、もう転んじゃってもいいさって」

実際は無我夢中で何してたか良く覚えてませんが、奇跡的に転倒を免れました。

しかし、コースに復帰した時には1位の姿は見えず、最後尾(自分がホントの最後尾ですけど)のバイクも最終コーナーにさしかかる位に先へ。
僅か30秒の、儚い1位走行でした(他の参加者が撮ったオンボード映像がyoutubeにアップされてましたが、ほんとに良く転ばなかったなと改めて思いました)。

オフロードバイクのように泥だらけのタイヤになったので最終コーナーをゆっくり寝かして右側の泥を落とし、ホームストレートへ。
「心配かけてゴメンナサイ」と手を挙げましたが、「手挙げてないで伏せろ!」とお客さんに激を飛ばされてました。
第1ヘアピンで左側のタイヤの泥を落として、追撃開始!

ちょっとづつ順位を上げて、3位争いをしてる2台まであと少し、あと1週で追いつきそうだ。
ガンバレ自分、ガンバレV4!

最終コーナー侵入で、また少し差が詰まってきた。
最終コーナーを立ち上がり・・・チェッカーフラッグ振られてマースww

「クソー、後1周いや2周あれば前の2台抜けたのに。」

もう疲れきってへろへろだったので、あと2周あっても追いつけたかどうかも怪しいもんです。

こんな感じで、総合5位のクラス3位で決勝を終えました。

レース後は「ABSが効かなくて止まれなかったww」 「ABS付いてないじゃんww」「つうか付いてても止まらないだろ!」 なんて談笑して、楽しくレースを終えました。


次戦の筑波は秋口に開催されますので、次回はこの記事をご覧になっているアナタも一緒に参戦してみませんか?



つくばMAX (2)
関連記事

テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

カテゴリー
HPに戻る
最近の記事
ツイッター
QRコード
RSSフィード
ブログ内検索