イタリアでの電車の旅のお話。

アプリリアの本拠地のある「ノアーレ・スコルツェ駅」は、のどかな住宅街の中にあります。

電車を待っている人の姿や、しぐさを眺めているだけで「カッコイイ」と感じてしまいます。
(見慣れてしまえば普通になってしまう事だと思いますが、イタリアは初めてなもので!)

sIMG_2024_20130305231349.jpg

目的地の駅には、ベスパを使用したこのようなディスプレーがありました。
日本の駅にも、こんな感じのが有ったら嬉しいなぁ~

sIMG_2033.jpg



電車を待っている女性の後ろ髪の色が、ビミョォーにカラフル!

sIMG_2025.jpg




そうこうする内に、電車がやってきました。

機関車トーマスの様な、グリーンの車体色の電車と思っていましたが…

sVenezia 006




私の目の前には、ご覧のようにアートな文字が電車のガラスにまでペイントされていて「ビックリ」 (*_*)

電車の中が「NYの地下鉄みたいだったらどうしよう!?」と(ビクビク)していました。

ssVenezia 008



電車の中は、ご覧のように清潔感のある綺麗な感じで一安心。
(電車は二階建ての車両になっていました)

sVenezia 010



しかし、外を見てみたらガラスにキズがいっぱいで、またもや「ビックリ!」

sVenezia 015




目的地の駅のホームは、こんな感じです。

こちらの駅が終点になるので、線路がココで終わりになっています。

sVenezia 025



観光地なので色々な人を見かけましたが、私にはゆっくり観察している精神的余裕はありません。


sIMG_2032.jpg



駅を出ると、目の前の風景がコチラになります。

人気のテレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第5部で、ジョバーナとホワイト・アルバムが死闘を繰り広げた場所が
コチラになります。

sIMG_2035.jpg



とりあえず地図を入手することが出来たのですが、イタリア語は読めませんので、絵図面として活用するしかなく
「ウロウロ」と徘徊することにしました。
(私が外国に行くと、いつもこんな感じで行動しています)

sP1050032.jpg



このライオンが、アプリリアのトレードマークの元になったそうです。

アプリリアの所在するベネチア州のマークが、モチーフにされたとのことです。
(もしも、ホンダが東京都にあったら「東京都マーク?」なんて想像は・・・・)

sIMG_2052.jpg

お気付きの人もいらっしゃるとは思いますが、イタリアはベニスの駅前に移動してきました。
次回は、水の都ベニス徘徊のお話しを書きたいと思います。
関連記事

テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

カテゴリー
HPに戻る
最近の記事
ツイッター
QRコード
RSSフィード
ブログ内検索