2013年 初レース ハルナ冬耐 アプリリアRS4 125で走ってきました

今年も2月3日に開催された、ハルナ冬耐にアプリリアRS4 125で参加してきました

おかげさまで昨年の冬耐、夏耐につづき今年も楽しくイベントを終えさせてもらいました

簡単なレポートを書きましたのでご覧ください



ハルナモータースポーツランドは快晴♪
今回の冬耐にはSS125クラスが11組とフレッシュマンオープンクラスが14組
合わせて25組の混走耐久レースです

DSC_0645[1]


参加車両の紹介です
先ずは、DGチームのRS4
ライダーは、工場長の藤井と3月にパパさんになるCottyさんペア
車両変更点は、「タイヤ」「ブレーキパッド」の変更に「クイックシフター」と「フレームスライダー」を追加したくらいです
試乗車ですのでパワーアップさせるようなマフラー変更などは予算がなくてしていません
今回も、最低限の変更を施してレースを楽しみたいと思います

DSC_0653[1]



コチラはPiaggio Group Japan(以下PGJ)のRS4
昨年の冬耐・夏耐の勝者で、今回の冬耐の優勝候補です
カウルを外してレース前準備にも余念がありません
はたして3冠なるか?

DSC_0661[1]



PGJの横にはマフラーでおなじみ、OVERレーシングのRS4
なにやらRS4用の試作部品のテストを兼ねての参戦で部品開発者が走らせるそうです
開発とレース共にがんばってくださ~い♪

DSC_0657[1]



お次は、カネバンワークスの2台
黄色のRS4は工場長さんのマシンで白いのは試乗車だそうです

IMG_8129[1]



コチラはタゴスさんのRS4
もう1台RS4いるのですが、ゴメンナサイ写真撮り忘れました
ポーズを決めてくれているのは、と◎さんです

P1010200[1]



SS125クラスのRS4のライバル車両
KTM Japan からDUKE125が2台

DSC_0664[1]



コチラは当店でRSV4を購入していただいたK氏のセカンドマシン
RSV4でのレースの前哨戦として参加してもらいました
お互い楽しんで完走めざしましょう♪

P1010194[1]


予選はなく、くじ引きによりグリッドが決まります
DGチームは13番グリッドからのスタートです

DSC_0679[1]


今回はCottyさんがスタートライダーを勤めてくれるので
自分はバイクをガッチリ支えてスタートを待ちます

DSC_0687[1]


午前11時 レーススタート!

DSC_0690[1]


Cottyさんの抜群のスタートでオープニングラップはクラス2位!

DSC_0700[1]


ココ何年もバイクに乗っていなかった事を感じさせないハイペースで周回するCottyさん
Cottyさん曰く「RS4は乗りやすくて遊ぶのに良いバイクだね」とお褒め頂きました♪

1時間のレースなのでウチのチームは15分ごとにライダー交代をします
藤井に交代して15分走りまた交代、レース開始から30分が経過、折り返しです
この時点でトップはPGJのRS4ですが、その差はごく僅かでピットでライダー交代するたびに
1位と2位の順位が入れ替わる白熱したレース展開に!
(走ってるときは僕もCottyさんも誰が何位なのか自分が何位なのか良くわかってませんww)

DSC_0705[1]


Cottyさんが最後のピットイン、この時順位は1位!最後のライダー交代で藤井に代わります
藤井がピットアウトした直後にPGJに抜かれ2位に転落
必死に食らい付きPGJを抜きトップに躍り出ます!
昨年の冬耐3位・夏耐6位の3号車、常に勝者はPGJだったが、いよいよその牙城を崩すことができるのか?
変更したIRCのタイヤも素晴らしく以前までのタイヤよりもコーナーリング速度を上げて走れます
PGJを引き離しトップを快走します(でも順位分かってないので常に全力で走行してます)

レースも残り5分

事件はおきました・・・

最終コーナーを立ち上がりホームストレート、マーシャルが「オレンジボール旗」を掲げてます
(この旗は、ラップタイム50秒を切った車両に出される旗で、旗を出された車両はピットスルーペナルティを受けなければならない)


『お?オレンジボールだ、誰だ?』


( ゜д゜)


(つд⊂)ゴシゴシ


(;゜д゜)


(つд⊂)ゴシゴシ

  _,._
(;゜ Д゜)ホォォーー…?!


マーシャルの掲げたゼッケンは・・・[3]

『俺?なんで!?』

去年の夏耐のベストが51秒半ばなので冬に50秒切るとは走ってる本人が思いもしません

『マシンに異常か?それとも誰かの進路妨害とかのペナルティか?』

訳わからないままピットに戻ります

すると

何故かカネバンさんとタゴスさんが笑顔でアーチを作ってくれていますww

アーチをくぐると

「駄目だよ50秒切っちゃww」

『マジで?え~!?信じらんな~い!』

ピットスルー(止まらずに通り過ぎる)すれば良いだけなのに、動揺して止まってお喋りしちゃいました

この間にPGJに抜かれ2位に

暖かく迎えてくれたライバルチームと裏腹に生暖かい視線のDGチームww

ホントごめんなさい(泣)

DSC_0729[1]



コース復帰し猛チャージ!するも時既に遅し・・・

無情にもチェッカーが振られてゴール!レース終了(泣)

終わってみれば、総合6位、クラス2位

優勝はできませんでしたが今回のRS4のトップタイムを刻む事ができました♪

DSC_0733[1]


普段、待ち乗りをしているバイクで参加出来るハルナSS125レース
今シーズンもスプリントと耐久が開催されます
今RS4に乗られている方も、これから購入をする方も機会があれば参加してみてください
アットホームなレースはとても楽しく1度出たら、その楽しさにはまりますよ
車両の購入からパーツ選び、メンテナンスのお手伝いは工場長の藤井ががんばります!

SS125レースの詳しい内容はコチラ↓

ハルナミニバイク

関連記事

テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

カテゴリー
HPに戻る
最近の記事
ツイッター
QRコード
RSSフィード
ブログ内検索