アプリリア Tuono V4 R APRC 入荷致しました♪

アプリリア Tuono V4 R APRC 入荷致しました♪

ボディカラーは、 サンリッドイエロー、コンペティションブラック、
両色共、店頭にてご覧頂けます。
IMG_2584[1]

スーパーバイク世界選手権で、チャンピンオンマシンとなった
アプリリア・フラッグシップモデル・RSV4シリーズの最新のテクノロジ―を引き継ぎ
ストリートで、より扱いやすく仕上げた「ネイキッドマシン」

それが、Tuono V4 R APRCです。

スーパースポーツ・ネイキッドというコンセプトやカテゴリーがなかった2002年、
Tuonoは産声を上げました。その当時のフラッグシップである、
アプリリア・スーパースポーツ・RSV Mille をベースにネイキッド化したモデルが
スーパースポーツ・ネイキッド・Tuonoの始まりでした。
2009年、RSV MilleがRSV4へとフルモデルチェンジし、Tuonoシリーズは
日本での販売が一時中断しておりました。
 
RSV4発売から約3年、長い開発期間とテストを繰り返し、
Tuonoは、Tuono V4 R APRCへと進化して、帰ってまいりました。


「歴代のTuonoシリーズの中でも最高の仕上がり」と言っても過言ではない
Tuono V4 R APRCは、ネイキッドで唯一無二の65°・V4エンジン
採用しております。
2011y09m17d_171139421.jpg
このエンジンは、とてもコンパクトに設計されている為、車体は600ccモデルと同等の
車格に仕上げる事が可能となりました。

またレースシーンでは、当然のように採用されている
「トラクションコントロールを始めとする、電子制御技術」をパッケージングした
APRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)が、
惜しみなく搭載されています。

15 Tuono V4 R[1]16 Tuono V4 R[1]
IMG_2722[1]IMG_0796[1]
APRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)は、
以下を含む電子制御パッケージです。


◆ATC:アプリリア トラクションコントロールは、左ハンドルバーにあるジョイスティックを使い、
8段階のセッティングが可能な、電子制御トラクションコントロールシステムです。
段階制御によって、雨天走行からスポーツ走行まで幅広い走行域でのコントロールが可能となりました。

◆AWC:アプリリア ウィリーコントロールは3段階のレベル調整が可能で、フロントリフト量を調整致します。
フロントタイヤがリフトしても、リフト量を制御しながら、スムーズに路面へ接地させてくれます。

◆ALC:アプリリア ローンチコントロールはレースのスタート時に使用されるレーストラック専用の機能で、
こちらも3段階のスタートレベルが調整可能です。

◆AQS:アプリリア クイックシフトは、スロットルを戻さず、クラッチレバーも使わずに、シフトアップが可能な
システムです。
市街地走行でも、クラッチ操作の回数を減らすことが出来る為、負担のかかりやすい左手にも優しいのです。
実はツーリング時に、とても役立つ機能なのです♪

APRCは、レースシーンはもとより、普段のライディングをより安全、安心に
そして負担も軽減してくれる嬉しい機能なのです。
関連記事

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

カテゴリー
HPに戻る
最近の記事
ツイッター
QRコード
RSSフィード
ブログ内検索