アプリリア New SHIVER750 グラムホワイト

アプリリア New SHIVER750 グラムホワイトIMG_0466[1]

燃え上がるレーシング・スピリット、アグレッシブな走り、人間工学に基づいたスタイル。
SHIVERプロジェクトの進化に終わりはありません。ライバルたちには真似すらできない独自のスタイルとテクノロジーコンテンツによって世界を驚かせたアプリリアのネイキッドモデルが今、その個性とライディングの愉しみ、エルゴノミクスを一段と進化させました。

最先端のライドバイワイヤシステム、マルチマップ、世界最高峰のシャーシと組み合わせた革新的エンジンはあらゆるレベルのライダーたちを満足させることが出来る仕上がりとなりました。また他のバイクの追随をゆるさない高度な技術的装備で、新型アプリリアSHIVERは、ミドルクラススポーツネイキッドにおけるベンチマークとなるモーターサイクルです。

IMG_0464[1]

ベンチマークマシンとしての役割は、新たに開発されたトップフェアリングと大胆な形状のウェーブブレーキディスクの投入で、よりスポーティなルックスをさらに強化しました。さらにモーターサイクリスト達のニーズにも対応し、従来仕様に比べ2インチ(約5cm)狭いサドルを採用するというエルゴノミクスを十分に吟味した改良を施し、走行中だけでなく停車時のマシンコントロールの容易化を実現しました。このシートにまたがると、位置をやや後方に移動させた新型ライダーステップバーや、ハンドルバーの角度変更により、以前のモデルに比べてライディングポジションがよりスポーティになったことを実感できるでしょう。180/55タイヤがもたらすグリップ力とともにコーナリングスピードをアップさせる新型5.5×17リアホイールは、さまざまな路面状況に対応したハンドリングや市街地走行の安全性の向上思う存分実感出来ると思います。

IMG_0456[1]

新型SHIVER 750の主な特徴
・ 90°Vツイン 4バルブエンジン
・ レースからフィードバックされた、Ride-By-Wire システム(電子制御スロットル)とトリマップ
(3つのエンジンマップ切換え機能)の採用
・ 高いねじれ剛性を誇る、アルミ製サイドプレートとスチールチューブのモジュール式フレーム
・ ブレス補強アルミスイングアーム+サイドマウント・リアショックアブソーバー
・ 43mmフロント倒立フォーク
・ ラジアルマウント・フロントブレーキキャリパー

従来モデルとの主な相違点
・ トップフェアリングの追加
・ 足付き性の向上(低シート高、幅のスリム化)
・ 前後ステップの変更
・ リアホイール幅の変更(6インチ→5.5インチ)
・ 前後ブレーキにウェーブディスクローターを採用

↓クリック一票も、よろしくお願い致します!!
人気ブログランキングへ
IMG_0475[1]
関連記事

テーマ : Aprilia
ジャンル : 車・バイク

カテゴリー
HPに戻る
最近の記事
ツイッター
QRコード
RSSフィード
ブログ内検索