モトグッチV7、サーキットでアフターパーツメーカーさんのブレーキパッド使ってみました。

こんにちは、久しぶりにサーキットを楽しんで来た秋元です。♪

MOTO GUZZI V7にアフターパーツを組み込んで、サーキット走行をしてきました。

その中で、アフターパーツメーカーのブレーキパッドを使ってみたので、私なりのインプレをご報告します。

sP1090442.jpg


試したパーツは、アフターパーツメーカーさんのフロントブレーキパッド!

テストしたのは、下り坂でブレーキングが必要なコースレイアウトになっている、「那須モータースポーツランド!」

先に、アプリリアRSV4で走ったメカ藤井より、「下りのブレーキが多いので要注意!」との声を聴きながら走ってきました。


2015y05m21d_204217003.jpg

フロントブレーキにご興味が有りましたら、続きをお読み下さいませ。


続きを読む

アプリリア RSV4 那須モータースポーツランド 車載動画

ドモ、藤井です♪

前回の続きで、社員研修で栃木県の那須モータースポーツランドにて行われた、タイヤ卸し会社で自店取引先の、グリップ商事さん主催の走行会に行ってきましたので、ブログアップです。

当日は台風7号の影響もなく、終日ドライコンディションで走れました。

P1040302.jpg



P1040263.jpg




P1040264.jpg

パドックには、「ミシュラン」、「ピレリ」、「メッツラー」、「ダンロップ」、「ブリジストン」のタイヤメーカーブースが横一列にズラリ!

各社、自慢のタイヤを装着した試乗車を用意していますので、商品説明を聞いて、実際に乗って確認できます。




P1040265.jpg

コチラは、ディスクローターの「サンスター」、チェーンの「アールケー」、オイルの「エルフ」のブースです(全て、藤井RSV4で、お世話になっておりますm(_ _)m

ココで色々なメーカーさんと、お話しをして、体験して得たものを、更に検証して、お客さんにフィードバックしていきたいと思います。
(まだ発売前の某メーカーの新作タイヤの事なんかも聞いて来ました♪)


そんな、社員研修ですが、サーキット走行をするのなら、ついでにと、

藤井はアプリリアRSV4を、当店代表の秋元はモトグッチV7を持ち込み、

それぞれ、新たな部品のテストをサーキットで試してきました!

藤井のRSV4では、フロントブレーキのマスターシリンダ仕様変更の検証。

秋元のV7では、ブレーキパッド、リアサスペンション、簡易サブコンのラピッドバイクイージー。
せっかくだから、油圧クラッチも!

では、どのくらい真面目にテストしているのか、藤井RSV4の車載動画をご覧下さい♪





めいっぱい楽しんで仕事してます♪

これからも、色々な車両や部品をテストしていきますので、アプリリア、モトグッチなら、車両の購入、メンテナンス、カスタムなど、モトイタリアーナ東京足立・デージーカンパニーまでドウゾ♪

アプリリア RSV4、モトグッチ V7 サーキットで部品テストです。

ドモ、メカ藤井です。

先日の5月20日は、社員研修でお店をお休みさせて頂き、お客様には、ご不便をおかけしたかと思いますm(_ _)m

今回は、社員研修のお話し♪

当店ブログの過去の記事で、皆様に色々な車両や、それに纏わる部品の記事を掲載してきました。

「自店で取り扱う車両や部品の事は、お客様にきちんと説明できなければ、お勧めしない」

これは、当店のポリシーでもあります。

巷には、数多の車両・パーツメーカーが存在しますが・・・

その多くのメーカーが、「ウチの商品は良いから是非、おたくのお店で、たくさん売って下さい!」

と、言ってきますが、車両・部品、共に、当然使用するオーナーが存在する物になります。

オーナーの方も十人十色、千差万別(使い方合ってる?)ですので、どんなに良い商品でも、オーナーの好みに合わなければ、残念な事になってしまいますよね。

ですので、自店取扱い車両のニューモデルが発売されれば、出来る限り試乗して確認します。

部品に関しても、実際に車両に装着して、街乗りから、時にはサーキット走行などをして、しつこい位に使かって商品特性を理解して、ご説明出来る様に心掛けております。

P1040262.jpg


今回、サーキットで何を試していたのか、追ってブログに掲載しますので、ご期待ください♪

モトグッチ V7 を油圧クラッチ化でクラッチ操作力軽減!

ドモ、メカ藤井です♪

今回は、モトグッチV7シリーズにお乗りの方で、クラッチの重さを軽減したい方に向けて朗報です。
(V7シリーズの2008年~2014年モデルに対応)
 
皆様、ゴールデンウィークは愛車のmoto guzzi V7でツーリング等、お出かけしたと思いますが、大型連休中の道路はアチコチで大渋滞が発生して、クラッチレバーを握る左手がお疲れになった方も多い事だと思います。

「もっとクラッチ操作力を軽減したい」、 「左手の負担を和らげたい」

そんな、お客様の声を聞いて、何か良い解決策はないものかと、考え・・・

「そういえば、エンデューロレースのオフ車用で、ワイヤー式クラッチを油圧式に変えるキットがあったなぁ・・」

「V7も、ワイヤー式を油圧式に変更したら操作力が軽くなるのでは?」

と、思いついたら早速実行!

しかし、当然V7用の油圧クラッチキットなんて存在しませんので、現車合わせです。


数種類のサイズ違いの油圧シリンダ等を用意して、試行錯誤の末やっと納得のいく物が出来ましたのでご紹介!

P1040242.jpg

用意するのは、「マスターシリンダ」、「レリーズシリンダ」、「クラッチホース」。
それと、画像にはないですが、現車合わせ用の細かい加工部品が数点必要です。




P1040245.jpg

ノーマルのクラッチレバーを外して・・・





P1040055_20150513131536c68.jpg

クラッチワイヤーを外して・・・





P1040241.jpg

クラッチマスターシリンダー付けて・・・

クラッチレバーの位置は、4段階に調整出来る機能も付いてます♪♪
(オーナーさんの手のサイズと、好みに合わせて調整して下さい)
 

クラッチスイッチの配線を作り直して・・・




P1040098.jpg
(写真のパーツは試作品の為、赤やゴールドのアルマイト仕上げパーツを使用していますが、車体色に合わせて色変えを予定しています)

レリーズシリンダー付けて、ロッドやタイコを加工して・・・、プッシュロッドのクリアランス調整して・・・、
あれや、これや・・・、

クラッチホースを上手く取り回して・・・、フルード入れて・・・、エア抜きして・・・、




P1040248.jpg

完成です!

クラッチ操作力はワイヤー式と比較して、およそ2割位、軽くなりました

更に、油圧化したメリットとして、ワイヤー式よりも半クラッチ領域の微細な操作性も向上しました!

コレなら、握力の少ない方でも、ロングツーリングの疲労を抑えられると思います♪

先日も、ご来店頂いたV7にお乗りのお客様にクラッチ操作してもらったトコロ・・・

「・・・軽っ!!」、「なにコレッ!?」

と、好評でした♪



V7のクラッチ操作力を軽くしたいとお考えの方は、油圧式に変更して、より快適にツーリングしてみませんか?
ご用命は、モト・イタリアーナ東京足立、デージーカンパニーまで♪

※V7の油圧クラッチ化は、車両をお預かりして、現車合わせで加工等を伴いますので、部品の単品販売はしておりません。部品単品販売のお問い合わせはご遠慮くださいませm(_ _)m

テーマ : モトグッチ・Moto Guzzi
ジャンル : 車・バイク

2015年のモトグッチ新作グッズと、再販されたマグカップ等のご紹介!

2015年のモトグッチ新作グッズと、再販されたマグカップ等のご紹介!

520Open20House2014_09_14[1]


まずは、Moto Guzzi コットンキャップ

78b4b073d0164fb5cf962b69719a877c.jpg

続きもご覧くださいませ!




続きを読む

テーマ : モトグッチ・Moto Guzzi
ジャンル : 車・バイク

モモデザインヘルメット、ROOFヘルメット新商品のご案内。

MOMO DESIGNを世界的ブランドに押し上げたフラッグシップモデル「Fighter/ファイター」が5年ぶりにモデルチェンジしての登場です。


優しい色合いの「ピンク」鮮やかな「蛍光カラー」の新色もラインナップ!

更なる改良を重ねながらも、もはや伝統となったデザインを踏襲しつつも進化を果たしました。
ひときわ眼を惹く蛍光色をヘルメットに施すなど、イタリアンデザイナーのオシャレへの挑戦に終わりは有りません。

sIMGP1562.jpg

「そろそろ新しいヘルメットにしようかな」と、ご検討中でしたら続きもお読みくださいね (#^.^#)



続きを読む

アプリリア RSV4 筑波サーキット 車載動画


ドモ、メカ藤井です!

大変遅くなりましたが、先日のMCFAJ・MAX10レース開幕戦、筑波サーキットの動画をアップしました。

今回は、新たなRSV4のお客様がMAX15クラスに、参戦してくださいまして、見事クラス優勝!

そして、去年から参戦したS様は、MAX4クラスで着順1位!(基準タイム切ってしまい章典外)

藤井は、スーパーMAXクラスで、初優勝!(皆様、応援ありがとうございました!)

でもって、車載動画の方は・・・ゴメンナサイ、予選で撮った動画を確認するためにカメラのメモリカードを抜いて
きちんと動画が撮れている事を確認後、メモリカードを逆さにカメラに入れてしまった為、決勝の動画は撮れませんでした(泣) ホントにスンマセン・・・

しかし!

S様のRSV4が撮っていた車載動画がありましたので、いつもと違う、藤井を後ろから撮影する画を藤井が実況するカタチでお送りいたしますので、ソチラをご覧ください。





テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

CR-1 カーボンパーツコーティング

ドモ、メカ藤井です。

今回は、日焼けして色あせたカーボンパーツを新品のように蘇らせるコーティング剤のお話です。

さっそくですが、皆様は、長年使用して劣化したカーボンパーツのお手入れを、どうしてます?
自分のアプリリアRSV4は、カーボンサイレンサーにアーマー○ールなどの艶出し剤を使っていました。
色々な商品を試しましたが、

「雨で艶出し剤が流れ落ちる」、「排気ガスの熱で艶出し剤が飛んでしまう」

という事で、走行前に手入れをして艶々にしても、ツーリングして帰ってくると、つや消しに・・・
仕方がないと諦めて、マメに手入れを続けてましたが。

正直、仕事でお客様のバイクを触っていると、仕事でない自分のバイクは、なるべくズボラしていたいものですww

今まで数々の艶出し剤を試してみて、納得のいく物にめぐり合えなかったのですが、ようやく見つけました!

バイク専用のガラスコーティングで、本物のガラスコーティングとして有名な「CR-1」が、劣化したカーボンのために開発。

それが、「CR-1UV」です!

カーボンパーツコーティング説明 ←料金などの説明は、コチラをクリック!



それでは、藤井のRSV4の劣化したカーボンサイレンサーで検証してみましょう!


P1030924.jpg


紫外線や熱により、いい塩梅に劣化したサイレンサー



P1030925.jpg


2本の黒いラインはサイレンサーバンドの跡です。劣化している所との差がスゴイ!




P1030927.jpg


CR-1UVを施工していきます。



P1030936.jpg


施工完了!艶々になりました♪




↓施工前
P1030925.jpg



↓施工後
P1030932.jpg


白くボケていたサイレンサーに、艶と黒色が復活しました!


しかし、今まで試した艶出し剤でもココまではいくのです!
大事なのは、この艶が長持ちするかどうかです。

そこで、施工完了後にも検証を続けました。

長時間、雨天に晒して見ましたが、コーティングが落ちることは無く(強い水流の水道ホースで水をかけても大丈夫)、

サーキットでレースに使用して高温になっても、コーティングは落ちませんでした!

さすが、本物のガラスコーティング!

皆様に自信を持ってお勧めできます♪

劣化したカーボンパーツの艶を復活させる「CR-1UV」の施工は、モトイタリアーナ東京足立・デージーカンパニーまで!

カテゴリー
HPに戻る
最近の記事
ツイッター
QRコード
RSSフィード
ブログ内検索