MOTO GUZZI 1月27日~2月12日まで新春フェア『New Pricing Fair』を開催致します。

加え1月27日~2月12日まで,MOTO GUZZI 新春フェア『New Pricing Fair』を開催致します。

すでに円高水準を反映した価格に変更されていた「Ⅴ7シリーズ」に加えて、
本年度よりオットーバルボーレ・シリーズも、
円高水準を反映した新価格となりました♪

新価格発表を記念して、『New Pricing Fair』を開催致します。
期間中ご来場のお客様で、アンケートにご協力いただいた方に、
モト・グッツィバンダナをプレゼントしております。
※申し訳ございませんが、2/5は勝手ながらお休みさせて頂きます。IMG_2789[1]

そして気になる新価格は・・・

1200SPORT  希望小売価格¥1,398,000-(税込)

Griso 8V  希望小売価格¥1,498,000-(税込)

Griso 8V SE 希望小売価格¥1,648,000-(税込)


とお手ごろな値段設定となっております。
キャンペーン期間中にモト・グッツィのラインナップを、ぜひ見に来てくださいませ。

fair201201271.jpg
モト・グッツィHPはこちら↓
http://www.dgw-jp.com/motoguzzi/


テーマ : モトグッチ・Moto Guzzi
ジャンル : 車・バイク

1月27日~2月12日まで新春フェア『New Pricing & RS4 125 TEST RIDE』を開催致します。

1月27日~2月12日まで
新春フェアと『New Pricing & RS4 125 TEST RIDE』を開催致します。

当店も、RS4の試乗車がご準備できました。この機会にご試乗されてはいかがでしょうか。
IMG_5206.jpg

2/12までにご来店いただき、アンケートをご記入いただいたお客さまには、
当店からプレゼントをご用意しております。↓
IMG_2788[1]

更に!!ピアッジオグループジャパンより抽選で50名様に、
RS4キーホルダやアプリリア純正ジャケット
をプレゼント致します!!
※申し訳ございませんが、2/4・2/5は勝手ながらご試乗はお休みさせて頂きます。fair20120127.jpg

ご来店、心よりお待ちしております。

RS4の詳しいご紹介は→ こちらへ(RS4HPへ) 

テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

お待たせ致しました。 アプリリアSR50PJアリタリアカラー再入荷致しました。

お待たせ致しました。 
アプリリアSR50PJアリタリアカラー再入荷致しました。
IMG_4134[1]
アリタリアカラーは、今回の入荷で日本にありますメーカー在庫が売り切れとなり、次回の入荷は5月入荷予定となっております。
アリタリアカラーがご希望のお客様は、お早めにご連絡下さいませ。


そしてこちらも売り切れておりました、スタンダードカラーのSR50PJですが。
ようやく入荷致しました♪
sr50_3-4anterioredx_nero.jpg
ディアブロブラック
sr50_lateraledx_bianco.jpg
アプリリアホワイト

SR50は、サーキットでのパドック用バイクとして生まれた50ccスポーツスクーターなのですが、このスポーツスクーターと言うカテゴリーは、このSR50によって創られました。
1992年の登場以来、世界中でSR50はスポーツスクーター不動の地位を築き続けています。
そして、SR 50 Purejetは、他のメーカーが環境規制のため4ストロークエンジンに生産を移行し、ハイパワーな2サイクルエンジンを諦めていく中、水冷2ストロークエンジンさらに進化させ再登場致しました。

ECU電子制御・直噴式のインジェクションを採用することにより環境基準をクリアーさせ、水冷2ストロークエンジンでパワーの向上は当然ながら、クリーンな排気に高燃費(以前のキャブレター仕様に比べ燃料消費が約半分)、オイル消費もキャブレター仕様と比較して少ないオイル消費(従来の60%の量で走行可能)に成功しています。
またスポーツスクーターという小さくシャープなデザインにもかかわらず、シート下には一般的な形状のフルフェイスヘルメットが収納可能なスペースも装備しました。
スポーツスクーターの名に恥じないようホイールは13インチとし、コーナリングでも安定した走りを提供します。ブレーキングシステムは前後に190mmのディスクブレーキを採用。またメーターは水温計や走行時間、燃料消費計、部分・平均・最高速度、ラップタイム計測などの機能を備えたオンボードコンピューターに加え、アナログ式のタコメーターを装備しています。
このSR 50 Purejetは、そのスタイリング以上にアプリリアのレーシングDNAを受け継いでいます。
店頭でぜひ一度ご覧になってください。その価格以上の価値があることをご理解いただけと思います。

テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

アプリリア Tuono V4 R APRC 入荷致しました♪

アプリリア Tuono V4 R APRC 入荷致しました♪

ボディカラーは、 サンリッドイエロー、コンペティションブラック、
両色共、店頭にてご覧頂けます。
IMG_2584[1]

スーパーバイク世界選手権で、チャンピンオンマシンとなった
アプリリア・フラッグシップモデル・RSV4シリーズの最新のテクノロジ―を引き継ぎ
ストリートで、より扱いやすく仕上げた「ネイキッドマシン」

それが、Tuono V4 R APRCです。

スーパースポーツ・ネイキッドというコンセプトやカテゴリーがなかった2002年、
Tuonoは産声を上げました。その当時のフラッグシップである、
アプリリア・スーパースポーツ・RSV Mille をベースにネイキッド化したモデルが
スーパースポーツ・ネイキッド・Tuonoの始まりでした。
2009年、RSV MilleがRSV4へとフルモデルチェンジし、Tuonoシリーズは
日本での販売が一時中断しておりました。
 
RSV4発売から約3年、長い開発期間とテストを繰り返し、
Tuonoは、Tuono V4 R APRCへと進化して、帰ってまいりました。


「歴代のTuonoシリーズの中でも最高の仕上がり」と言っても過言ではない
Tuono V4 R APRCは、ネイキッドで唯一無二の65°・V4エンジン
採用しております。
2011y09m17d_171139421.jpg
このエンジンは、とてもコンパクトに設計されている為、車体は600ccモデルと同等の
車格に仕上げる事が可能となりました。

またレースシーンでは、当然のように採用されている
「トラクションコントロールを始めとする、電子制御技術」をパッケージングした
APRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)が、
惜しみなく搭載されています。

15 Tuono V4 R[1]16 Tuono V4 R[1]
IMG_2722[1]IMG_0796[1]
APRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)は、
以下を含む電子制御パッケージです。


◆ATC:アプリリア トラクションコントロールは、左ハンドルバーにあるジョイスティックを使い、
8段階のセッティングが可能な、電子制御トラクションコントロールシステムです。
段階制御によって、雨天走行からスポーツ走行まで幅広い走行域でのコントロールが可能となりました。

◆AWC:アプリリア ウィリーコントロールは3段階のレベル調整が可能で、フロントリフト量を調整致します。
フロントタイヤがリフトしても、リフト量を制御しながら、スムーズに路面へ接地させてくれます。

◆ALC:アプリリア ローンチコントロールはレースのスタート時に使用されるレーストラック専用の機能で、
こちらも3段階のスタートレベルが調整可能です。

◆AQS:アプリリア クイックシフトは、スロットルを戻さず、クラッチレバーも使わずに、シフトアップが可能な
システムです。
市街地走行でも、クラッチ操作の回数を減らすことが出来る為、負担のかかりやすい左手にも優しいのです。
実はツーリング時に、とても役立つ機能なのです♪

APRCは、レースシーンはもとより、普段のライディングをより安全、安心に
そして負担も軽減してくれる嬉しい機能なのです。

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

カテゴリー
HPに戻る
最近の記事
ツイッター
QRコード
RSSフィード
ブログ内検索