アプリリア New SHIVER750 グラムホワイト

アプリリア New SHIVER750 グラムホワイトIMG_0466[1]

燃え上がるレーシング・スピリット、アグレッシブな走り、人間工学に基づいたスタイル。
SHIVERプロジェクトの進化に終わりはありません。ライバルたちには真似すらできない独自のスタイルとテクノロジーコンテンツによって世界を驚かせたアプリリアのネイキッドモデルが今、その個性とライディングの愉しみ、エルゴノミクスを一段と進化させました。

最先端のライドバイワイヤシステム、マルチマップ、世界最高峰のシャーシと組み合わせた革新的エンジンはあらゆるレベルのライダーたちを満足させることが出来る仕上がりとなりました。また他のバイクの追随をゆるさない高度な技術的装備で、新型アプリリアSHIVERは、ミドルクラススポーツネイキッドにおけるベンチマークとなるモーターサイクルです。

IMG_0464[1]

ベンチマークマシンとしての役割は、新たに開発されたトップフェアリングと大胆な形状のウェーブブレーキディスクの投入で、よりスポーティなルックスをさらに強化しました。さらにモーターサイクリスト達のニーズにも対応し、従来仕様に比べ2インチ(約5cm)狭いサドルを採用するというエルゴノミクスを十分に吟味した改良を施し、走行中だけでなく停車時のマシンコントロールの容易化を実現しました。このシートにまたがると、位置をやや後方に移動させた新型ライダーステップバーや、ハンドルバーの角度変更により、以前のモデルに比べてライディングポジションがよりスポーティになったことを実感できるでしょう。180/55タイヤがもたらすグリップ力とともにコーナリングスピードをアップさせる新型5.5×17リアホイールは、さまざまな路面状況に対応したハンドリングや市街地走行の安全性の向上思う存分実感出来ると思います。

IMG_0456[1]

新型SHIVER 750の主な特徴
・ 90°Vツイン 4バルブエンジン
・ レースからフィードバックされた、Ride-By-Wire システム(電子制御スロットル)とトリマップ
(3つのエンジンマップ切換え機能)の採用
・ 高いねじれ剛性を誇る、アルミ製サイドプレートとスチールチューブのモジュール式フレーム
・ ブレス補強アルミスイングアーム+サイドマウント・リアショックアブソーバー
・ 43mmフロント倒立フォーク
・ ラジアルマウント・フロントブレーキキャリパー

従来モデルとの主な相違点
・ トップフェアリングの追加
・ 足付き性の向上(低シート高、幅のスリム化)
・ 前後ステップの変更
・ リアホイール幅の変更(6インチ→5.5インチ)
・ 前後ブレーキにウェーブディスクローターを採用

↓クリック一票も、よろしくお願い致します!!
人気ブログランキングへ
IMG_0475[1]

テーマ : Aprilia
ジャンル : 車・バイク

モトグッチ V7用 フロントクラッシュバーキット(クロームメッキ)

モトグッチ V7シーリーズに使える
フロントクラッシュバーキット(クロームメッキ)を試乗車に装着して見ました♪
V7Classic及びV7Cafe&レーサーにボルトON装着となります。
転ぶ前に是非・・・・転んでからは後悔してしまいます。
まだ試してはいないのですが、グッチガートの併用もできるかもしれません。

IMG_0376.jpg

スタイリングが崩れるのを最小限に抑えようとしているのが分かります! 
私、個人的には付いている方がカッコ良いとも思ってしまいます。

IMG_0381.jpg

上から見るとこんな感じです。 必要以上に出っぱりがありません!
純正で付いていても不思議では無いデザインです。

IMG_0387.jpg

真横からはこんな感じ、これなら白バイのようになりません。
初めて見た方は気付け無いかも知れませんw
フロントクラッシュバーキット(クロームメッキ)
\19,800(税込)となります♪
※別途送料と、取り付けの場合は工賃がかかります。
↓クリック一票も、よろしくお願い致します!!
人気ブログランキングへ
IMG_0378.jpg

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

アプリリア スポーツシティー250キューブにウインターバージョン登場!

アプリリア スポーツシティーキューブ250ieに限定でウインターバージョン登場です!
今回1台限りの限定特別モニター価格479、000円でご用意いたしました!!
 

そして気になる内容はこちら!
IMG_2339[1]

・アプリリア純正35Lタイプ・リアBOX(ベースレス・スマートタイプ)
・アプリリア純正ウインドスクリーン(ラージ・スポーツが選べます)※↑写真はラージタイプ。
・グリップヒーター (全周タイプ)※デジタル制御電圧監視機能付・5段階温度調節

なんとも贅沢な装備が充実しております。

IMG_2342[1]
ラージウインドスクリーンは、高いウインドプロテクション性と直進安定性を確保した、通勤やツーリング等で実用的なロングスクリーン。 雨風からライダーを守り、快適なライディングをサポートします。
又、指先に来る風も軽減してくれるので、実用性の高い防風効果があります。

IMG_2444[1]
こちらがチョイスできる、スポーツスクリーンです。
ちょうど胸当たりまでの風防効果があります。 素材選びから始まり、安全性確保とよりスタイリッシュなルックスを演出できるよう開発されました。
雨の日にロングスクリーンでは前が見難いと言う方にもお勧めです。適度な防風効果により快適な運転をサポートします。


IMG_2341[1]
トップボックス・シティ35Lは、必要に応じてワンタッチ取り外しが可能。
容量は35リットルと大きく、フルフェイスヘルメット1個+αの収納が可能。
別売りとなりますが”Sportcity”エンブレム入りボディ同色化粧カバーと,専用バックレストが装着可能となります。


IMG_2344[1]
そしてこちらが、今回の目玉とも言える「グリップヒーター」
テストを重ね、ライダーの使い勝手などを最大限に配慮しながら、操縦安定性に影響を与えないことを中心に開発された最高のヒーターです。
電力消費に最大限の配慮を実施したバイクに優しい設計となっていて、最大電力消費量は28Wで、ほぼモーターサイクルのウインカーと同等レベルの電力消費ですばやい発熱を可能としています。
これにより、モーターサイクル本体に影響を与えにくい、快適な暖かさを実現しているのです。


IMG_2348[1]
この「グリップヒーター」では、温度制御を行う“コントローラー”が付属しています。 この“コントローラー”は、小型でありながら耐水性と操作性に優れ、モーターサイクルメーカーとして、モーターサイクルを操るライダーの気持ちに応える仕様としています。特に温度設定に関しては、走行中のライダーが感じる温度の中で、考えうる最適な温度を色々なテストライダーが、テストを重ねることで決定しています。

①グローブをはめた左手で確実に操作ができるようにPUSH式スイッチを採用しています。

②スイッチシステムはロータリー式を採用し、PUSH操作でOFFと5段階の温度に設定を可能としています。

③デジタル制御系の採用により、ライダーの体感に応じ、最大温度(右左80℃以上:12V使用時)から20%間隔で温度をダウンさせる5段階の温度調節を可能としています。

④3つのLEDインジケーターの採用により、昼夜を問わず容易で確実な温度レベルの確認ができます。

⑤バッテリー電圧監視システムを内蔵し、バッテリーの電圧が低下した際には「グリップヒーター」への電源供給を自動的に中止。LEDインジケーターの点滅により自動休止状態を知らせ、再びシステムが稼動した際には、LEDインジケータが点灯することで再稼動を知らせます。このシステムにより、電圧が低下したモーターサイクル本体への影響を、低減させています。

⑥キーをOFFにすることにより自動的に電源がOFFになる為、始動時に毎回OFFにする必要がございません。 バッテリーに優しい便利な機能です。



更に便利に・・・更に暖かく オプションパーツもご用意!

2009y12m18d_205836640.jpg
シティー35L BOX専用シートクッション
トップボックス シティ35に装着して、更に快適なタンデムライドを実現。
Price: ¥7,600 

2009y12m18d_205849265.jpg
レッグカバーシート
スポーツシティ専用レッグカバーシート。快適かつ安全に使用できます。ベルクロを使用し簡単に脱着可能。軽量素材を使用しレインプルーフ、防寒仕様。ライダーの体格に問わず使用可能。 
Price: ¥12,000

アトラン250マルチバリエーター
そして速くする為のパーツも充実。
マロッシの駆動系フルキットもご用意、かなり速くなりますので要チェックです!

クリック一票よろしくお願い致します!!
人気ブログランキングへ

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

カテゴリー
HPに戻る
最近の記事
ツイッター
QRコード
RSSフィード
ブログ内検索